副業初心者

初心者でも写真のネット販売で稼ぐことはできる【ネットで売る方法】

ぴよ助
ぴよ助
写真販売をしてみたいけど、稼げるの?
ぴよ太
ぴよ太
どうやって始めたらいいの?
そんな方に、ネットを使って写真を販売する方法と魅力を紹介しましょう。

初心者でも写真のネット販売で稼ぐことはできる

このタイトルの理由は、4つ。一覧にしてみました。

  1. コストがほとんどかからない
  2. 需要が一致すれば売れる
  3. 需要を知る手段がある
  4. 続ければスキルアップする

ひとつずつ、掘り下げてみます。

①コストがほとんどかからない

写真販売を始めるのに必要なものは3つ。リストにしました。

  • カメラ もしくは スマートフォン(写真が撮れるやつ)
  • WEBにつながるPC
  • 身分証明書

この記事を読んでるあなた、この3つ持ってますね?

ぴよ助
ぴよ助
PCは持ってないよ~(汗)

大丈夫、大丈夫、スマホがあれば。PCがあると何かと便利だけどね。

ぴよ助:そうなの?

そう、つまり準備は整っていて、初期費用ゼロで今から始められるんです。

上記のリストを保持する費用はかかりますが、はじめる前と変わらない。
でも売り上げがでれば、必ず黒字になっていくということ。

結構おいしい副業ですよね。

②需要が一致すれば売れる

ぴよ太
ぴよ太
プロカメラマンの様な写真は撮れないよ?

それも大丈夫。もちろん、写真をとるスキルも大事だけどね。

自分が撮った写真に需要があれば、売れます。

写真の用途は様々で、差別化されているから。

プロカメラマンの写真は、とても綺麗で高品質のものばかり。
だから、大手企業やひとつの作品としての需要があります。
もちろん高額です。

でも、もっと安くて、ちょうど良い写真の需要もあるんです。

たとえば、このブログ。タイトルの下に写真がありますよね。
記事を書くたび、テーマにあう写真を販売サイトでダウンロードしてます。

正直、高額な写真を毎回使うのはちょっとなって思ってます。
コスト的に。

Twitterの背景写真なんかもそうです。

なので、手頃な写真を求める需要も数多くあります。

③需要を知る手段がある

ぴよ助
ぴよ助
需要っていっても何を撮ったらいいのさ。

初めは手当たり次第に写真を応募しよう。

ぴよ太:それって需要と関係ないんじゃ・・・

もちろん、ただ適当にとって応募するだけじゃダメ
大事なのは、写真1枚1枚にジャンルやテーマを持たせる事。

これが後々、需要を知る手掛かりになってきます。

当然、写真をいっぱい応募すると売れた写真、売れなかった写真で分けられます。
そこで、売れた写真のジャンルやテーマを観察してみましょう。

少しずつ、需要が浮き彫りになってきませんか?

それが、今売れている写真を知る方法のひとつです。

ぴよ助:ひとつ?ほかにもあるの?

もちろんあります。

それは、今話題となっているニュースを追う事。

話題性のあるニュースやイベントは、ブログなどの記事に書かれやすく
それに合った写真の需要が高まります。

この様に、需要を知る手がかりは常に自分の身の回りにあるという事。

「この写真が売れてますよ」という情報は、なかなかありませんが
実は、必要な情報は木陰に隠れて、転がっているのです。

どの様にそれを見つけていくかを意識すると良いでしょう。

④続ければスキルアップする

ぴよ太
ぴよ太
需要はわかったよ。でも思うように売れないよ。(涙

需要のある写真を撮れば売れる、でもやっぱり品質は大事。

ぴよ太:品質かぁ。。やっぱり僕には難しいのかな。

大丈夫、続けていけばスキルアップする事ができるから。
でも、ただ撮っているだけじゃダメです。

売れている写真やプロの技術を学びましょう。

ぴよ太:え~っ!学ぶって言ったって身近にプロカメラマンなんていないよ!

もちろん、直接プロカメラマンから指導してもらえたら良いですが。

もっと簡単な方法があります。

それは、質の良さそうな有料販売サイトで検索する事。
もし機能がついていれば、条件検索などで人気の写真に絞ると良いでしょう。

ぴよ太:なんて検索したらいいの?

もちろん、いま需要がありそうなテーマ名で検索します。

いかにも品質の良い写真がいっぱいでると思いますが
まずは、その写真の特徴を真似することから初めていきます。

たとえば、コーヒーカップで検索してみましょう。

「コーヒーカップ」というテーマで撮られた写真がいっぱいでてくると思います。

まず、写真の特徴をまとめましょう。例えば下の様に。

・背景がぼやっとしてる
・コーヒーカップはど真ん中にとらえている写真が少ない
・わざとコーヒーをこぼしている
・コーヒー豆と一緒に写っている
・コーヒー豆に埋まっている
・写真と一緒に写っている etc..

いろいろな工夫が施されているのがわかりますよね。
これらを思いっきり真似てやりましょう。

写真の構図から、一緒に写っているもの、写真にかかっているエフェクトなど
これらは全て、考えられて構成されています。

ですので、プロカメラマンの技術が詰まった教科書だと思ってください。

この特徴やアイデアを意識して写真を撮るだけでも一段グレードアップした
写真が撮れるはずです。

そして、これらの特徴の枠を超えて「わざとこぼす」などのアイデアは自分でも考えられると思います。是非、実践して行きましょう。

継続して行えば売れる写真のスキルを身につける事ができるはずです。
良く言うPDCAサイクルをまわすのです。

PDCAについて知りたい方は検索してみてください。いっぱい情報がでてきます。

これらはすべて、無料でできます。リスクなしです。

やる価値はあると思いませんか?

 

初心者が写真のネット販売を始めるには

ぴよ太
ぴよ太
よ~し!まずはやってみようかな。

やる気になりましたね。ぴよ太。

初心者がネット販売を始めるには、まず販売サイトへの登録が必須です。
登録の方法は、サイト毎に違うため、ここでは大まかに説明します。

まず、販売サイトのページにアクセスし販売者としての会員登録を行います。
ここで、身分証が必要になるので、用意しておきましょう。

ほとんどの販売サイトは、無料で登録できます。

ですが、登録後すぐに販売を始められるわけではありません。

サイト毎に決められた、審査(テスト)を通過する必要があります。

審査の内容は、主に2つ。

撮影に関する法律 肖像権や著作権に関する審査
サイトの利用規約 サイトの利用規約に関する理解度審査

どちらも、しっかりと利用規約などを読んでおけば、そう難しくないでしょう。
そして、最後に審査用の写真を投稿します。

その審査に通過すれば、晴れて写真を販売する事ができるようになります。

写真が販売できるサイトについては、別の記事にてご紹介します。

というわけで、今回はこれまでとなります。

ここまで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサー 広告
■会員登録含め利用料無料!スマホで撮影した動画が売れる。

知ってましたか?
貴重な映像、衝撃の瞬間、珍しい動画は高く売れるんです。
シンプルに撮影した動画と情報を投稿するだけでOK。
その他面倒な手続きはありません。

珍しい動画を持っている人は是非投稿してみてください♪
思わぬ収入になるかもしれませんよ。