ペットケア

愛犬に長生きしてもらうには歯磨きが必要【犬の虫歯について】

ぴよ助
ぴよ助
最近、愛犬の歯茎がくさいぞ?大丈夫かな
ぴよ太
ぴよ太
歯磨きさせたほうがいいかな。しないとどうなる?
そんな方に、今や長生きの秘訣とされている、歯磨きの必要性と始め方についてご紹介します♪

愛犬に長生きしてもらうには歯磨きが必要

愛犬の健康のバロメーターは、毛艶やガッチリと筋肉のついた身体、輝きのある目など様々ですが、忘れてならないのが歯の健康です。

犬も人間と同じで、歯周病や虫歯になります。

ひと昔前までは、犬の歯磨きを日常的に行なっている飼い主さんは、極少数だったと思います。当時は犬の口腔ケアに関心が薄かったのかもしれません。

ですが近年になり、口腔内のトラブルが様々な病気の原因となるという事が常識となってきています。例えば、歯周病菌が体内に流れていくことで心臓病や腎臓病などの慢性疾患に繋がる可能性などがあります

現在、犬の寿命が伸びてきているのも、愛犬の歯磨きが日常的に行われ、丈夫な歯がしっかり残るようになり、老齢になっても健康の維持ができるようになってきたからです。

そのことからも、愛犬に長生きしてもらう為には歯磨きが大切だと言えるでしょう

 

犬の虫歯と歯周病について【犬は虫歯になりにくい・・・でも】

さて、犬の虫歯についてですが

もともと犬は人間と違い虫歯そのものは非常に少ないと言われています。それは口内で虫歯菌が増殖しにくく、虫歯ができにくいという特徴があるからです。

ぴよ助
ぴよ助
そうなんだ。ならどうして歯磨きするの

それは、愛犬の口内トラブルで断然多いのが歯茎の病気だからです。

ぴよ助:なるほど歯周病を防ぐ為にするのか。

そう、歯周病の原因は、歯の溝などに蓄積された食べカスなどによるもの。

食べカスを放置していると、歯垢が形成され歯垢にたくさんの歯周病菌が増殖するようになり、それが歯の根元の歯茎に炎症を起こす原因となります。

もし歯茎が歯周病に侵されてしまうと歯根部分がしっかり支えられなくなり歯グラグラになってしまったり、歯が抜けてしまったりします。

抜けきってしまえばまだ良いですが、抜けかかってグラグラの状態が続くと歯茎の痛みが強く、食べ物をしっかり噛んで食べることができなくなります

食べ物の丸呑みを続けていると、消化不良を起こすことにもなりかねません。

また、歯周病が悪化すると歯だけでなく、周囲の骨まで溶かす事もあるそうです。
下記は、動物病院院長 藤田さんの引用になります。

歯周病が悪化し、炎症が歯の根っこである「根尖」(こんせん)の周囲まで及ぶと、その周辺の骨が溶け、「瘻管」(ろうかん)と呼ばれるトンネルのようなものができてしまうことがある。「トンネルの出口が皮膚の外側に開く『外歯瘻』は、目の下などの皮膚に穴が開き、そこから血や膿が出ます。出口が歯肉側に開くと『内歯瘻』と呼ばれ、外歯瘻同様に血や膿が出ます」(藤田先生)引用元:sippo

小型犬などは、これで骨折に至る事もあると言われています。

 

犬の歯周病予防のはじめ方

成犬になってから歯磨きを始めるのはとても困難で、犬によっては嫌がって暴れたり
ときには、噛んだりすることもあるので注意が必要です。

できれば、子犬の頃から歯磨きに慣らしておくと良いでしょう。

はじめは、愛犬の口の周りや口の中を飼い主さんが指で触ったりして
歯磨きに慣れさせる訓練をします。

必ず無理やりにならないよう、少しずつ段階を踏みながら

ゆっくり歯ブラシに慣らしていくことが大切です。

歯磨きをする際、歯の表面や歯の凸凹に向けて、ブラシを小刻みに動かしながら磨いていきます。その際、歯と歯茎の境目にブラシをしっかり当て、磨くと良いです。

慣れるまでに時間がかかりますが、飼い主さんも回数を重ねていくうちにコツを掴み短時間で歯磨きを完了させることができるはずです。

毎日1回、歯磨きをすることが理想ですが、一週間に2、3回するだけでも十分に効果があるとされています

 

既に、歯垢・歯石が目立つ場合はクリーニングが必要

歯磨きをしないまま、愛犬が成犬となっている場合、すでにたっぷりの歯垢や歯石が歯の表面についている可能性が高いです。

その場合、その時点で歯磨きを始めても効果がほとんど期待できません。すでに形成されてしまった歯石などは、歯磨きくらいでは取り除く事ができないからです。

頑固にこびりついてしまった歯石を取り除く方法は、動物病院で歯のクリーニングをしてもらうしか手立てがないのが現状です。

獣医さんによっては麻酔をせずに器具を使ってパチンと歯垢を落としてくれるところもありますが、突発的に動いてしまう犬も多いので、危険が伴います

できれば、全身麻酔をかけた上で、歯の一本一本の歯垢を器具や機械を使用して削り、研磨して歯の表面をツルツルに仕上げるというクリーニングが理想です。

ですが、全身麻酔のリスクはある程度あるため、高齢犬や肝臓や腎臓などの疾病を抱えている犬への施術には細心の注意を払う必要があります。

 

愛犬の口内ケアについてのまとめ

これまでの、内容を3つにまとめてみました。

  1. 愛犬の長生きは口内環境を整えることから
  2. 歯磨きは子犬の時からはじめよう
  3. 既に歯垢がある場合は、動物病院でのクリーニングが必要

とは言っても、なかなか歯磨きができない。という事もあると思います。

そいういった場合は、10歳になる前の比較的元気な間に一度でいいので
動物病院で歯の状態を見てもらい、必要であればクリーニングを行いましょう。

飼い主さんにとって、クリーニングは経済的負担になると思います。
また、愛犬にとってもストレスが大きい施術であることはたしかです。

ですが、口内環境が目に見えて悪化しているのがわかった際には
愛犬に長生きしてもらうためにも、クリーニングをする事がベストだと言えるでしょう。

というわけで、今回はこれまでとなります。

愛犬には高齢になっても、病気をせずしっかりとごはんを食べてもらい
長生きしてもらいたいですね。

ここまで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサー広告
■天然由来のものだけを使用している、安全な歯磨き粉

強い洗浄効果で、除菌・抗菌・消臭を果たします!
石油原料、界面活性剤、合成香料、研磨剤などは一切不使用。
天然由来で安心して毎日ご使用できます。